携帯番号調査

データ調査とは

探偵事務所などの調査会社のホームページを見ているとデータ調査という項目のあるホームページがあります。

このデータ調査とはどういった調査なのでしょうか?

世間にはさまざまな情報が出回っています。

たとえば貴方が持っている卒業アルバムや同窓会名簿などが出回っているのです。

ある同窓生が必要ないと思い、名簿業者などに持ち込むと買ってくれる事があるのです。

すると貴方やその他の同窓生の住所等の個人情報が同窓生以外の人にも簡単に入手出来てしまうのです。

これが全国的な規模で集約されると膨大な個人情報となるのです。

例えば何年に卒業したとすると○○年には大学受験、成人式があると簡単に計算が出来て、不思議とどこからともなく塾や予備校、着物会社や写真館などからダイレクトメールが届いてくるという事がありませんか?

こういった会社はこの様な名簿業者から情報を購入して発送してくるのです。

この名簿にはゴルフ場の会員名簿や企業の社員名簿、退職者名簿、各種団体から医師会やサークルなどの会員名簿と多岐にわたり、そのデータ量も膨大な情報となります。

中には商品の購入者名簿なども多数含まれています。

この様な名簿などはその会員や社員の個人が売却する事が多く、また余程金銭に逼迫した状況になった人なのがデータ情報を売却するのでしょう。

ところが全く他人の情報を金銭の為に売却する人も存在するのです。

よくニュースでも大手予備校や英会話スクール、クレジット会社などのお客様情報が社員の漏洩により名簿業者に売られるというケースも耳にします。

借金による社員の不祥事です。

この社員は当然犯罪を犯していますが情報を買い取った業者は違法行為をした訳ではありません。

その情報を買う企業、団体、個人も別に違法性は問われません。

データ

大量にデータ化された情報から調査

データといってもこういった個人が持っていた情報が漏洩し売却された情報ばかりではありません。

例えば貴方自身が何かに個人情報を登録していませんか?

女性の方ですと美容院、エステ、趣味サークルから、男性ですとスポーツジムや飲食店、家庭ですとデリバリー関係と様々なところに登録する人もいます。

全てが管理が徹底しているとは限りません。

警察官ですら様々な犯罪を犯す時代です。

一般人においても全てが真面目な人ばかりとは限りません。

この様な情報がさまざまな形でテータ化されているのです。

しかもコンピューターが飛躍的に伸びた昨今、名前だけでも一発検索、同姓同名を含め、数名単位で検索できてしまう世の中なのです。

また登録されている電話番号で個人も特定されてしまうのです。

ですから氏名、生年月日など情報が多くあればあるほど数名の中から該当個人を特定していけるのです。

世の中には同姓同名で同じ生年月日という人はなかなかいません。

探偵事務所の優劣にはこのデータ情報を取得できる名簿業者等のデータ業者をどれだけ知っているか、また安く仕入れられるかによって異なってきます。

また現状、SNS等の書き込みからもかなりの個人情報は得られます。

素人では分からなくても多少パソコンに精通していればさまざまな個人情報が得られるのです。

詳細解析については省略致しますがこういった手法を駆使することで直接的な情報が得られなかったとしても間接的な情報から個人の特定する事も可能なのです。

この方法は決してハッキング的な違法行為ではありません。

一般生活をしている人たちにとって個人情報保護が訴えられている現代、守っているようでも意外にも様々なところで個人データは流出しているのです。

その流出しているデータを各方面から収集し調査対象者と合致させられる技術も現代の探偵の優劣を競う状況となっているのです。

情報収集能力の乏しい探偵事務所などは収集能力のある同業他社に依頼するしかありません。

結果、その負担は依頼主にかかってしまうのです。

ただし個人データ情報は数千円や数万円で手に入るものではないことは承知しておいた方が賢明です。

悪質探偵業者の中には検索料などと称し検索も出来ないのに検索をしたかのように報告して数千円をだまし取ったり、中には全く出鱈目な調査結果を報告して調査料金を詐取するところもあるようですので注意しなければなりません。