浮気調査で携帯電話をチェック

パートナーが浮気しているかもしれない。

そんな疑念が浮かんだ時は、まずは冷静になることが重要です。パニックになる気持ちは理解できますが、混乱した状態では有効な対策もとれません。怒りに我を忘れてパートナーを問い詰めたところで、証拠が無ければのらりくらりと言い逃れをされてしまうのがオチです。

何よりも重要なのは、疑念があくまでも疑念であり、一方的な思い込みである可能性もあるということです。もし濡れ衣の浮気疑惑でパートナーを問い詰めてしまったら、その後の関係修復は非常に困難です。

パートナーに浮気の疑惑が浮かんだら、まずは浮気調査を行って疑惑が真実かどうかをはっきりさせましょう。別れるにせよ制裁するにせよ、行動を起こすのは確たる証拠をつかんでからにしてください。

浮気調査の第一歩は、普段の行動を観察することです。常に携帯電話を持ち歩く、電話やメールの着信があっても出ようとしない、うわの空で心ここにあらずの様子がうかがえるといった場合は、浮気を疑うのに十分です。

証拠をしっかり抑えましょう

携帯電話をチェックするのが、証拠を押さえる一番強力な方法です。浮気相手とやり取りしているメールや二人で撮った写真があれば、第三者に示しても説得力のある強力な証拠になります。しかし、現在進行形で浮気をしている場合、パートナーは簡単に携帯電話を見せようとはしないでしょう。仕事の大切なデータがあるなどといって形態を見せようとしない場合は、こっそりとチェックする必要があります。

スマートフォンの場合、ロックは図形を描いてはずすパターンロックが中心です。ロックをかけている場合でも、パターンを盗み見られることまでは注意をしていない人が多いので、何気ないしぐさでパターンを見ておきましょう。一度に完璧にパターンを覚える必要はありません。一手ずつ何回にも分けて記憶するのがコツです。

無事ロックを解除して携帯電話のチェックに成功したら、まずはデータをコピーしてしまいましょう。本体をいじって証拠探しをしていては操作した痕跡が残ってしまう可能性がありますし、パートナーに見つかればトラブルのもとになります。通信ケーブルとパソコンを用意してすべてのデータをコピーし、一人になれる状況になったらゆっくりとデータを確認してください。

携帯電話のチェックは重要な証拠を確保できる可能性はありますが、もしパートナーに気付かれてしまったら、たとえ浮気をしていなかったとしても二人の関係が終わってしまう可能性があります。安易に携帯電話には手を出さず、疑念がどうしてもぬぐえないときの最終手段であることを認識しておきましょう。

携帯電話番号から登録者の住所を調べる